小児歯科

むし歯菌について
岩寺小児歯科
院長 岩寺 環司

 人の口の中にはたくさんの細菌(常在菌)が住みついています。その中にむし歯をつくる細菌がいます。このむし歯菌は歯にくっつきやすい特徴があり、歯の表面につくとそこで食べ物の中の糖分を利用して増え、細菌の集まったすみか(プラーク)をつくります。そのプラークの中の多くの細菌が糖分を分解・利用して酸をつくり、この酸が時間をかけて歯を溶かしていきます。これがむし歯です。

 生まれてきた赤ちゃんの口の中には、むし歯菌はいません。むし歯菌は、母親や周りの人たちから感染します。しかし、むし歯菌が感染しない子どもはひとりもいませんし、感染したからといって、すぐにむし歯ができるわけでもありません。いろいろな要因が重なりあって、はじめてむし歯はできるのです。ですから、スキンシップを犠牲にしてまで、むし歯菌がうつらないようにする必要はないと思います。むしろ、積極的にスキンシップをとってもうつらないように、母親や周りの人たちがむし歯や歯周病をきちんと治して、口の中を清潔にしておくことがとても大切です。