耳鼻咽喉科

急性中耳炎と滲出性中耳炎
おおさか耳鼻咽喉科クリニック
院長 大坂 雅明

 急性中耳炎と滲出性(しんしゅつせい)中耳炎は、どちらも子供に多い病気です。原因として、中耳と鼻腔をつなぐ耳管の働きが大きく関係しています。
 急性中耳炎は、風邪をひいたときに鼻腔から耳管を通って細菌が中耳に入り、炎症を起こす結果,発症します。重症の場合は化膿し、強烈な痛みと発熱を伴います。炎症がさらに進むと、中耳にたまった膿が鼓膜を破って出てくることがあり、これがいわゆる耳だれです。
 大人では耳管が長く、角度が大きいため、よほど風邪をこじらせない限り急性中耳炎にはなりにくいのですが、子供は耳管が短く、角度が小さいため容易に中耳に細菌が入っていきやすいのです。
 お風呂やプールの水で急性中耳炎を起こすと思っている人がいるようですが、鼓膜に穴があいていない限り、外からの水が原因で急性中耳炎にはかかりません。
 治療としては、抗生物質の内服が有効ですが、急性副鼻腔炎などの鼻の病気にかかっていることが多く、耳と同時に鼻の治療も行う必要があります。
 さて、急性中耳炎が完全に治りきらない場合、中耳腔に滲出液がたまることがあります。この滲出液には、細菌はほとんど検出されません。これが滲出性中耳炎と呼ばれるものです。耳の聞こえが悪くなりますが、痛みがないために親が気付かず、発見が遅れがちです。話しかけてもなかなか返事をしなかったり、テレビの音を大きくしているようなことがある場合、滲出性中耳炎になっている可能性が高いと思います。
 やはり、この病気も耳管の機能が低下しているのが原因と考えられ、慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎も大きく関係しています。
 鼓膜切開といって中耳腔にたまっている滲出液を排出する処置を行うことがありますが、やはり同時に鼻の治療をする必要があり、治癒には長い時間がかかりますので、あせらずに根気良く治療していきましょう。