歯 科

糖尿病と歯周病との関連
歯学博士
飯田 一実

 最近は高カロリーの食事と運動不足により、糖尿病に罹患する人が増えて来ています。
 これまでに糖尿病の人が歯周病になる率が高いことが指摘されています。その原因のひとつは糖尿病の人は免疫抵抗力が低下していて、歯周組織が歯周病の原因となる細菌に感染し易くなり、高血糖のために創傷の治癒能力が低下しているためのようです。
 歯周病を放置しておくと、血糖値のコントロールが困難になりますが、歯周病の治療を受け歯周組織が改善すると、血糖値も良い影響を受けるようになることが知られています。したがって糖尿病の人にとって歯周病の治療を行うことは、糖尿病の治療を順調に進める上でも大変重要なこととなります。
 定期的に除石(スケーリング)をしてもらい、歯面清掃をしてもらうことは、自分で磨けない所の処置を受けることになり是非必要なことです。
 およそ半年に1回メンテナンス治療を受けた人の歯牙の喪失率は低く、セルフケアと併せて、メンテナンス治療を受けることの大切さを示しています。