歯 科

口臭
歯学博士
飯田 一実

 数年前に「芸能人は歯が命」という歯磨剤のテレビコマーシャルが盛んに流されていた時期がありました。美しい歯・きれいな歯並びは他人にも好感を与えます。
 最近は清潔志向の高まりで口臭を気にする人が増えて来ています。口臭の原因の90%は口の中に有ると考えられます。
 人の口の中には多くの細菌が存在していて、食べかすを分解して揮発性硫化物が出来、これが口臭の元となります。
 健康な人でも起床時・緊張時・空腹時などに生理的口臭が感じられます。これは唾液の出が少なくなった時に起こるので、一時的なものは歯みがきで解消出来ます。
 また舌苔(ぜったい)が原因に成ることもありますが、この時は舌苔が付き易い舌の奥の所を柔らかい歯ブラシで軽く磨いてみましょう。
 病的口臭としては、歯周病やむし歯が口臭の原因となります。また不適合な冠も原因と考えられるので、歯科医師の治療を受けて下さい。
 歯ブラシと歯磨剤を使って、ていねいに磨いても歯垢は完全に取れません。補助用具としてデンタルフロス(糸)や歯間ブラシの使用が必要です。
 口臭を気にしすぎて人との意思の疎通がうまくいかず、口臭ノイローゼの人も居ますが、この様な心因性口臭の場合は気にしすぎないことが大切です。
 子供の口臭を気にする人も居ますが、新陳代謝が旺盛な子供は、一時的に口臭が強くなることがありますが、歯肉炎やむし歯にならぬよう気をつけていれば心配無いようです。
 煙草も口臭の原因と成ります。健康の為にも喫煙は止めたいものです。
 糖尿病・腎臓病・胃潰瘍などの内臓疾患や呼吸器系の病気でも口臭が出ます。
 口の中を清潔にしていても口臭がある時は、全身的病気のシグナルかも知れませんので医師の診断を受けましょう。
 口臭予防のガムや飴は、一時しのぎのもので、30分程しか効果が続かないようです。
 食後に飲むお茶も口臭予防に役立ちそうです。お茶の成分の一つであるカテキンは殺菌作用や食中毒を防ぐ抗毒素作用もあります。
 またお茶でうがいをすると、インフルエンザや風邪の予防にもなると言われています。このすぐれた効果を活用するには、飲むより食べる方が、お茶の成分が多く含まれているので有効です。
 茶葉を利用した料理を作るよう心がけて下さい。