脂肪酸とは?

 脂肪酸は食品に含まれる脂質の主な成分で、その構造によって、二重結合がない飽和脂肪酸、二重結合がひとつの一価不飽和脂肪酸、二重結合を2つ以上含む多価不飽和脂肪酸の3つに分けられます。

 これらの脂肪酸は食品にそれぞれ異なった割合で含まれており、それぞれ体の中での働きが異なります。

脂肪酸の働き

飽和脂肪酸

牛や豚などの肉類及び乳製品に多く含まれています。融点が低くコレステロール値を上げ、脂肪組織にたまりやすいという欠点があります。飽和脂肪酸を過剰摂取すると、血中のコレステロール値が上がり、動脈硬化や脳卒中、心臓疾患などの生活習慣病などのリスクがあります。ただ、近年の研究で飽和脂肪酸の仲間である中鎖脂肪酸は高い体脂肪の燃焼効果があるとされており、研究が進められています。

多価不飽和脂肪酸

一価不飽和脂肪酸は主に植物性脂のオリーブオイルなどに多く含まれるオレイン酸が代表的で、酸化されにくく、血液中のコレステロールを低下させたり、胃酸分泌を調整する働きがあります。
多価不飽和脂肪酸は二重結合の位置により、n-3系脂肪酸やn-6系脂肪酸があります。n-3系脂肪酸には調理油どに含まれている必須脂肪酸であるαリノレン酸、魚類に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などがあります。αリノレン酸はアレルギー疾患、高血圧、心筋症、ガンなどを予防する働きがあります。DHAやEPAは中性脂肪を低下させる働きがあり、高脂血症、高血圧、脳卒中を予防に効果があります。N-6系脂肪酸にはリノール酸、γリノレン酸、アラキドン酸などがあり、血中コレステロールを低下させたり、血液・免疫系を調整する働きがあります。マグロやうなぎなどに含まれるリノール酸の過剰摂取は悪影響があるとされているので、適度な摂取が大切です。